オノデラの独り言

日常の思ったこととか興味関心学んだことのアウトプットです。

思ったことをつらつら書いて行きます。

マネージャーの最も大切な仕事

 目的:

人の成長には、その人の上の人。つまり上司とか先生とか親とかの存在がすごく大事な

なって最近感じていて、実際に自分より下の子に接する際にどう関わっていけばいいか

を探るために読んだ。

 

マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

  • 作者: テレサ・アマビール,スティーブン・クレイマー,中竹竜二,樋口武志
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2017/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

方法論だけじゃなくて、その背景の理論的なところまで網羅していて、

個人的には面白かった。ただ、話が助長な気もしたので、読み飛ばしながら

大事な点だけひろうといいかも。 

 

人のパフォーマンスに影響するインナーワークライフ

・認識

・感情

・モチベーション

 

最初は、インナーワークとかいう、その人のパフォーマンスに関わる部分のコントロールが大事だっていう話が最初続く。

  

インナーワークライフに影響する栄養ファクター、触媒ファクター

で、インナーワークライフに影響しているものに、栄養ファクターや触媒ファクターがある。

 

栄養ファクター:仕事の仲間に対して家族のような仲間意識が芽生えると人のインナーワークライフが向上する。

 

・尊重

・励まし

・感情的サーオート

・友好関係

 

触媒ファクター:

・仕事がうまくいく 

・進捗の法則:前に進むように支援する

 

マネージャーはなにをすべきか

じゃあ、そのファクターの効果を最大化するためには何をすべきか。ってところまで事

細かく、チェックリストのようなものを著者は用意してくれいる。

はじめはこれを元に進めて、そこから自分なりに改良することが必要と感じた。

 

思ったこと:

これまで関係性をいかに構築して、組織、チームに貢献する意欲を生み出すことを意識

してチーム設計をしていたけど、それだけじゃ足りない。(学生ならではの状況)

 

実際にその子が成果を出すことが必ず必須だし、そこに対して、常に進捗管理と問題

点、困っていることがないかを確認して支援していくことが大事だと痛感。 

そのためには、もちろん前提として成果を明確に示してあげることや意識させるように

促すことも必要出し、その子が成果を出すために最大限のサポートをしていくべきと感

じた。

 

でも、この本で書いてるようなことできるのって、マネージャーだけじゃなくて、

チームメンバーにも大事なことだと思ったので、結局みんな必要。

 

 

仕事に優劣なんてない

ついこの間、後輩に誘われて、あるオーケストラコンサートに行ってきました。

 

どうやら、このオーケストラを開催している団体、音楽によって世界の子供達に対して

音楽体験を届けて、夢とか明るい希望とかを持ってもらう活動をしているのだとか。

 

 

最初はそんなことも知らず、ただただ、後輩の演奏だからっていう理由。

 

実際に行ってみると、

 

 

すごい!なんかよくわからないけど、感動的.........

 

自分自身も将来、社会貢献とか、社会課題の解決ができるようにと

就活で将来の選択をした。自分自身の今の力の最大化とテクノロジーの力を信じて。

 

これが一番だと思って。。

 

でも、社会貢献とか、人を幸せにすること、元気のない人に感動を届けることとかに

優劣とかはなくて、みんなそれぞれ素晴らしくて、みんな誇るべきもの。

 

そこに対して、本気で取り組んでいれば、みんなどんな方法でも相手のために

なるのだなって気づかされた。

 

そして、自分自身、大学生のうちにもっともっとこういう活動を知りたい。

どんなアプローチ方法があるのか知りたいと思った。

 

また、予定が会えば行こう。

 

world-ship.org

勝ち続ける意志力

どういう本か:

梅原大吾さんという、日本人のプロゲーマーで

大会とかでも何連勝もしているような勝って成長し続けているような人が

どうやって勝ち続けているのか。技術的な面だけではなく、スタンス的な面に関して

中心に触れているもの。

日々成長し続けている梅原さんの考えは、ゲーマー以外でも参考になる。 

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

 

 

 

勝ち続けるために必要なもの

梅原さんがなんで、勝ち続けているのかってところが、

前半部分に結構書かれているのだが、やはり、大事だと思うのは、

 

”変化し続けること”

 

過去に成功した自分に固執しないで、それを自分から捨ててまで、

変化する事、日々変化しようと試行錯誤を繰り返す事、

今のままでいいやと思わないで、まだまだ進化できると信じて進む事。

改善をなんどもなんども繰り返す事。これに尽きると思った。

 

 

ビジネスの世界でも一緒。

そのためには、日々のPDCAと言われるものが大事だし、

それが忙しすぎるとおろそかになりがち。

 

努力とは

 

努力に関して、梅原さんの考えは、

無理をする努力ではなく、自分にできる努力を毎日する。

例えば、受験勉強だからといって、勉強するのではなくて、それに関係なく

毎日毎日コンスタントに6時間とか勉強する。

それは、1年間、12時間勉強し続けるよりもすっと価値があり、

その人の成長につながるという考え。

 

今まで自分を振り返った時に、一瞬の期間の努力はしていたけど、

本当に毎日毎日続ける努力はしてなかったなあと気づき。

 

そして、一瞬のある程度の期間だけ頑張ることって意外と簡単だったりする。

そうではなく、限定的な期間だけではなく、毎日自分にできる努力を続けていく。

それができるかできないかが日々の勝敗を分けることになっていくのかと。 

 

勝ち続けた先に得るもの

 

やはり、勝ち続ける人には、それなりの哲学があって、パラドクス的だけど勝つことが

目的の人は、勝ち続けることができないということは、ゲーム以外でも言えることの

はず。

勝つこと自体に意味はなくて、今よりも成長すること、今よりも前進することを

 目指して進み続ける。その姿勢が勝ち続けるために必要なことだ。

 

 

 

 

【本】幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法

期間・2017年3月15日(水)

どういう本か:

著者の山崎さんは、今では、自分の理想を追求するために、自分の理想を作って、

そこに対して行動している方だけど、そこに至るまで、どういう経緯があったのか

海外にバックパックに行く場面ものあるのだが、それが

山川さん自身の人生にどう影響を与えていたのかとかが書かれた本。

 

 

 

 

幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法

幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法

 

 

理想の生き方って。。?

この本の中で前半、考えさせられるのが、どんな生き方を自分がしたいのか。

なんのために、自分が働きたいのか。

そんなことを考えながらこの本を読んでいたと思う。

 

ただ、そうやって、描いた理想って実際実現するのとか、行動するのって難しい。

それは、勇気がいることだし、自分がどうなるかなんて正直見えていない。

 

もしかしたら、自分の理想を追求して、事業を立ち上げしてみたものの、

うまくいかないかもしれないし、大事にしたいものを追求しすぎて、パートナーと

関係がわるくなったりするかもしれない。

 

そういうリスクがあって、たいていの人は行動しないまま、胸に潜めてしまうん

だろうけど、理想を追求して、生きるのって楽しそうっていう勇気がもらえた

気がする。

 

そして、最近どういう事業においてどういう役割をしていけばいいのかっていう疑問を

自分にしているのだが、

 

この本から見えたのは、

どういう事業かは、やはり自分のこれまでの経験とタイミングが重要そうである。

そこ次第で、どうなるかはわからん。

今の自分が一番問題意識を持って、当事者意識を持って取り組めるような課題

解決が良さそう。

一回、自分の課題意識を洗い出してみよう。

 

自分と向き合う時間としての結婚

 

著者が行っている事業に結婚式の事業がある。

それは、一組一組が主体となってどういう結婚式にしたいかを考え、

それを実現していくというもの。

一生に一度しかないだろう結婚式をやるなら、それぞれの個性、これまでの人生

とかとかを反映させたものにしたほうがいいという考えに基づいて行ってるらしい。

 

社会に本当に必要な事業をやる。

それがないと困る人がいるような事業を創ってやっていく。

そこにはすごい共感した。

 

 

 

 

 

 

【本】メンタリストDaigo 男女脳戦略

読んだ期間:2017年3月18日~22日

どんな本か:

人間には、男性脳のタイプと女性脳のタイプがある。

それぞれ、受け取り方とか仕事のやり方、ものを買うときどのような意思決定

プロセスを踏むかが異なる。

だから、相手の脳のタイプに合わせてコミュニケーションスタイルを変えていこうという本。(*ちなみに、男性だから男性脳ってわけでもない。)

実際、著者のdaigoさん自身、普段のパフォーマンスからどのような点で相手を分析し

て、それに合わせてどのようなコミュニケーションを使っているか書いていてわかり易い。

著者の人が心理学に詳しい方だけもあって、ちょいちょい心理学のネタも入ってきて、

そういうのが興味ある人は楽しんで読めそう。

そして、4、5時間で読めるくらい、軽いので、ちょっとした読書によさげ。

 

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

 

 

 

男性脳の女性脳の違いは例えばどういうところにあるか。。?

男性脳の場合、自分が優位に立ちたいために、コミュニケーションでは、自分を見せるコミュニケーションをとるパターンがある。

 

一方、女性脳のタイプは、相手と同じ立場に立って、共感を示そうとするし、示して欲しい。

そして、集団の中で関係を深めようとする。自分にとっていいものがあれば、それを仲間と共有して、関係を深める。

 

また、商品を買うときなにを大事にするかも違う。

男性脳の場合、機能を大事にしていたり、優位性を保ちたいために、

できる自分に近づけるかが大事だったりする。

 

女性脳の場合、イメージや関係を大事にするので、

それを使っている自分がイメージできたりとか、

自分がよく知っている人、または友人知人が使っているかってところが購買に関わってきやすい。

 

これは、インスタグラムでの購買からもみれる。

netshop.impress.co.jp

 

 

 

相手のタイプを理解して、それに合わせたコミュニケーションをすることが大事 

 

結局は、相手のタイプに合わせて、相手がどういうものに興味を持つか、

興味を持つのはどういう点で興味をもつのか。そして

その相手にどうアプローチをしたらいいか、どう関係を作っていったらいいか。

 

そこを考える参考にこの本が使えそうだと思いました。

 

意識的に取り入れていこうと思います。

 

 

【本】チームのことだけを考えた。 多様性を考えた組織作り

 

読んだ期間:2017年3月8日~12日

どんな本か:サイボウズが、企業してから今に至るまで、どのようにビジョン、組織、制度、風土を作っていったか。どのような考えを持って、社長の青野さんが行動したいたかが理解できる本。組織作りとかの参考にしたい本。

最近、多様性っていうワードがよく聞くけど、実際多様性を重要視して組織を作ると、

どういう点がメリットなのか。

また、起きてくるデメリットに組織はどう対応していくのか。

それを単純なHOW TO本ではなく、どういう風に考えていったかっていう根本的な部分まで紹介してくれている。

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか

 

多様な人材をまとめる為に必要なもの 

最近、ダイバシティーとかいう言葉がたくさんきくけど、それを組織として崩壊せずに実行していく為になにが必要なのか。

それが、共有のビジョン、目標。

当たり前のように見えて、やっぱここができてないことってよくあることだと思う。

チームにいればそれぞれ違う目的があって、その違う目的の為に頑張っている。

それだと、チームが崩壊してしまうってことだろう。

 

モチベーションの構造を理解して、自分のモチベをコントロールする。

 

人は、自分のモチベーションの構造を理解することで、やりたいことを増やせる。その為には、自分の興味のツボを知らないといけない。

自分を客観的に分析し、自分の目の前に人参をぶら下げられるようになると、自分を操る能力が高まる。(p140)

 

自分自身、どういうことのどういう点にモチベーションを感じるのか。

モチベーションが落ちたときにどういう風にすればモチベーションが上がるのか。

そういった自分のことを良く理解しているほど、モチベどうこうで悩まないと思う。

それができるかどうかってかなり大事。

 

制度が先か。風土が先か。

 制度を作るとともに、制度を生かす企業の風土を変える必要があるということだ。(p188)

 

ぶっちちゃけ、どっちが先がいいのかってのは、目指したいビジョンがあって、そのための風土、そして制度の順になっていくと思っていただけにびっくり。

ただ、サイボウズは多様性を重視する組織であり、その為世の中と反対の制度を作ったりすることがある。その制度を機能させる為には、風土にもアプローチする必要があるとのこと。

そして、風土と制度は変え続けないといけない。今の目的、最短で達成させたいことの為に、どのような風土、制度をつくっていかないといけないか考えることが重要ってことですかね。

 

やっぱり何より目的が大事

制度を作るにしても、事業を作るにしても、風度を作るにしても

なにより目的が大事。サイボウズさんは、最大の目的のところに、

チームワークを広げていくことを置いていて、そのために、自社の制度を作ったり、

短期的には利益につながらないことをしてみたりとか。組織をすべてオープンに公開し

て、それぞれに対して質問責任、説明責任を課したりとか。

やっぱり何より目的にたいして手段を考えていく、その手段を実行する中で修正してい

くことが大事なんだなーって思いましたー。

 

 

【本】働く意義の見つけ方

お疲れ様です。小野寺です!

 

今回は、小沼大地さんの【働く意義の見つけ方】を読んでて思ったことをつらつら書いていきます〜

 

 

内容

この本自体の内容としてはNPO法人クロスフィールズで働く小沼さんが、

クロスフィールズを立ち上げた経緯、それまでの自身の青年海外協力隊での経験、

そして今にわたってどういうことがあったのか、小沼さん自身なにを思ったのかを書い

本です。

読んでみて、大人だけでなく学生も読んでみるといいなって思いました。

 

読んで印象に残った部分は、

  1. 日々の仕事の中で、自分は誰のために働いているのか。誰に対して価値を与えたいのかっていうことを考え続けること。
  2. NPOを立ち上げる際に、マッキンゼーで働いていたほどの人が何度もなんども突き返されては、次に進むという、自分自身が正しいと信じ、価値を与えたいと信じるものに対して突き進む姿
  3. 働くことがかっこいいことと思っている人は僕らのような大学生の中にどれくらいいるだろうか。
  4. 「青臭さ」でも「腹黒さ」でもなく、「青黒さ」を発揮する必要があるということ。
  5. 挑戦を生む仕組み
  6. リソースがないことのメリット

1に関しては、

「誰か必要としている人のことを強烈に感じながら、仕事の価値をひしひしと感じながら仕事をするという状態が、働く人のモチベーションを極限まで高めていく。」

どんな仕事でも誰かのためである。その誰のためかを忘れてしまっては仕事はただのタスクでしかない。ただ、その誰のためにしているかを考え、届けたい価値に思いが乗れば、ものすごい熱量で挑むことができる。そんな社会人が増えたらもっと仕事は楽しいではないが、充実したものになるのだろう。

 

僕自身、つい先日まで誰のために頑張っていたのか。だれに対してどんな価値を与えたいのかっていうのを忘れてしまったがためにモチベーションが下がりがちだった。

しかし、これを思い出したおかげで、再びモチベーションを上げることができた。

そういう意味で、誰かのためになる仕事。社会とのつながりがある仕事。それらであるかを考えることは働く上で大事だ。

 

2に関しては、

事業を作り出すことの難しさがひしひしと伝わってきた。でもそれでも熱意に動かされて行動している姿には感動さえ覚えた。

その中で、ビジネスモデルを構築する際に話していたETI.Cの宮城さんの話。「顧客の声を聞くことと、顧客のニーズに迎合することは違う」

 

ふかいわ〜〜〜〜〜!

たしかに自分の軸がないと、ブレブレになってしまう。

そのためにも、宮城さんがかたったという、

大切なのは自分たちが何としてもこの世界を作りたい問い思い。この課題だけは見過ごせないという想い。その世界を創り上げるために自分たちができることはないかと考え抜くこと。これが社会を変えるということ。

それが社会を動かしていく。

 

ここが固まっていないと営業に行くたびにFBを受け、自分たちのモデルが変わってしまう。それを一回一回全て間に受けたらもともと自分たちがやりたかったことから離れていって、あれなんでこうなった。ってなる。

だから、そのためにも、自分が作りたい社会。解決したい課題はブラさず。それを軸に修正していく。これが大事だあ。

 

3

ぶっちゃけ、今周りの大学生を見てても働くことに対してめちゃくちゃモチベーションんを感じている人ってあんまいない。たいてい、敷かれたレールだから、まず、就活をするしかなく、そこで大変ながらも生きるために働くしかないと思っている人が多いように見える。

それじゃあ、全然就活も楽しくないわけだ。ただ、そのイメージは、おそらく自分の親や、周りの大人からイメージを創り上げていく。ってことは、

周りの大人がめちゃくちゃ楽しそうに仕事していれば、みんな働きたくなるものだ。

これは、結局仕事は仕事で、いいとかわるいとかは

それをやる人間側が決めてることでしかないなって思う。

だから、自分の仕事に対するイメージを変えるだけでだいぶ変わっていく。

 

 

4に関しては、自分自身の理想とか夢とかを叶えるためには、それを叶えるための力が必要である。アイデアだけではだめだ。それを根回し、立ち回りをうまく考えながら、戦略的に組織の中で意見を通すために行動する力が必要であるということ。

最近、僕自身、夢や理想を語るだけではなにも成し遂げることができない。その夢に相応の実力をつけなくてはならないと考えている。ビジネスで社会を変えようとしているなら、金を生み出す力がひつようである。それができないのはボランティアでしかない。ボランティアには限界がある。

 

誰かの挑戦を応援できているか?応援する人がいないと挑戦する人もうまれない。

 

6リソースがないからこその戦略性

人が少ないことは、うらを返せば、自分たちがより当事者意識をもってPJに取り組めること。

ないからこそ、全体をつかむことがしやすい。なんでも整いすぎると、自分の実力であると勘違いしてしまうこともあるし、揃いすぎると、全体が見えなくなってしまう。

だからこそリソースが少ないことは、自分自身が熱意を持って取り組めるというメリットをうむと前向きに捉える必要がある。

 

 

全体的に読むことで元気がもらえる本だなって思います。自分が仕事が楽しく亡くなった時に見返したいと思います。(前提仕事は辛いものですが、、)

 

 

また。

 

働く意義の見つけ方―――仕事を「志事」にする流儀

働く意義の見つけ方―――仕事を「志事」にする流儀