読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オノデラの独り言

日常の思ったこととか興味関心学んだことのアウトプットです。

思ったことをつらつら書いて行きます。

【本】メンタリストDaigo 男女脳戦略

読んだ期間:2017年3月18日~22日

どんな本か:

人間には、男性脳のタイプと女性脳のタイプがある。

それぞれ、受け取り方とか仕事のやり方、ものを買うときどのような意思決定

プロセスを踏むかが異なる。

だから、相手の脳のタイプに合わせてコミュニケーションスタイルを変えていこうという本。(*ちなみに、男性だから男性脳ってわけでもない。)

実際、著者のdaigoさん自身、普段のパフォーマンスからどのような点で相手を分析し

て、それに合わせてどのようなコミュニケーションを使っているか書いていてわかり易い。

著者の人が心理学に詳しい方だけもあって、ちょいちょい心理学のネタも入ってきて、

そういうのが興味ある人は楽しんで読めそう。

そして、4、5時間で読めるくらい、軽いので、ちょっとした読書によさげ。

 

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

 

 

 

男性脳の女性脳の違いは例えばどういうところにあるか。。?

男性脳の場合、自分が優位に立ちたいために、コミュニケーションでは、自分を見せるコミュニケーションをとるパターンがある。

 

一方、女性脳のタイプは、相手と同じ立場に立って、共感を示そうとするし、示して欲しい。

そして、集団の中で関係を深めようとする。自分にとっていいものがあれば、それを仲間と共有して、関係を深める。

 

また、商品を買うときなにを大事にするかも違う。

男性脳の場合、機能を大事にしていたり、優位性を保ちたいために、

できる自分に近づけるかが大事だったりする。

 

女性脳の場合、イメージや関係を大事にするので、

それを使っている自分がイメージできたりとか、

自分がよく知っている人、または友人知人が使っているかってところが購買に関わってきやすい。

 

これは、インスタグラムでの購買からもみれる。

netshop.impress.co.jp

 

 

 

相手のタイプを理解して、それに合わせたコミュニケーションをすることが大事 

 

結局は、相手のタイプに合わせて、相手がどういうものに興味を持つか、

興味を持つのはどういう点で興味をもつのか。そして

その相手にどうアプローチをしたらいいか、どう関係を作っていったらいいか。

 

そこを考える参考にこの本が使えそうだと思いました。

 

意識的に取り入れていこうと思います。