オノデラの独り言

日常の思ったこととか興味関心学んだことのアウトプットです。

思ったことをつらつら書いて行きます。

勝ち続ける意志力

どういう本か:

梅原大吾さんという、日本人のプロゲーマーで

大会とかでも何連勝もしているような勝って成長し続けているような人が

どうやって勝ち続けているのか。技術的な面だけではなく、スタンス的な面に関して

中心に触れているもの。

日々成長し続けている梅原さんの考えは、ゲーマー以外でも参考になる。 

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

 

 

 

勝ち続けるために必要なもの

梅原さんがなんで、勝ち続けているのかってところが、

前半部分に結構書かれているのだが、やはり、大事だと思うのは、

 

”変化し続けること”

 

過去に成功した自分に固執しないで、それを自分から捨ててまで、

変化する事、日々変化しようと試行錯誤を繰り返す事、

今のままでいいやと思わないで、まだまだ進化できると信じて進む事。

改善をなんどもなんども繰り返す事。これに尽きると思った。

 

 

ビジネスの世界でも一緒。

そのためには、日々のPDCAと言われるものが大事だし、

それが忙しすぎるとおろそかになりがち。

 

努力とは

 

努力に関して、梅原さんの考えは、

無理をする努力ではなく、自分にできる努力を毎日する。

例えば、受験勉強だからといって、勉強するのではなくて、それに関係なく

毎日毎日コンスタントに6時間とか勉強する。

それは、1年間、12時間勉強し続けるよりもすっと価値があり、

その人の成長につながるという考え。

 

今まで自分を振り返った時に、一瞬の期間の努力はしていたけど、

本当に毎日毎日続ける努力はしてなかったなあと気づき。

 

そして、一瞬のある程度の期間だけ頑張ることって意外と簡単だったりする。

そうではなく、限定的な期間だけではなく、毎日自分にできる努力を続けていく。

それができるかできないかが日々の勝敗を分けることになっていくのかと。 

 

勝ち続けた先に得るもの

 

やはり、勝ち続ける人には、それなりの哲学があって、パラドクス的だけど勝つことが

目的の人は、勝ち続けることができないということは、ゲーム以外でも言えることの

はず。

勝つこと自体に意味はなくて、今よりも成長すること、今よりも前進することを

 目指して進み続ける。その姿勢が勝ち続けるために必要なことだ。